カラコンの使用期限と保存期限の違いって何?

 


カラコンにはワンデーから1年まで、幅広い使用期限が揃ってるよね。
この使用期限っていうのは、「最初に開けてから、最長でいつまで使えるのか」の目安なの。
つまり、封を開けなければ、期限のリミットはスタートしないということなんだ。

じゃあ、例えば、未開封ならカラコンはいつまでも使えるのかというと、答えはNO!
実はカラコンには、未開封であっても、ここまでには使わないといけませんというリミット、保存期限が設定されているの。
だから、いつまでも未開封でとっておくことは出来ないんだよ。

使用期限も保存期限も、レンズが劣化したり、細菌が繁殖するギリギリの期限を設定してあるから、期限切れのものはもったいなくともすぐに捨てるようにしようね。

 

 

レンズケースにも使用期限はあるの?

 


レンズケースにも、使用期限はもちろんあるよ。
こちらも、使い始めたら、毎日きちんと洗浄や乾燥をしていても、少しずつ菌が繁殖してしまうの。
だから、使用状況にもよるけれど、だいたい目安として1~3ヶ月で新しいものと交換するようにしようね。

せっかくレンズを綺麗にケアしていても、レンズケースの汚れや細菌が付着して、目を傷付けてしまったらがっかりだものね。

 

 

とっても可愛いカラコンだから、友達に貸してあげてもいいかな?

 


カラコンの貸し借りは、絶対ダメだよ。
女の子は服やアクセを貸し借りするのも楽しみのひとつだけど、カラコンは目に直接触れるものだから、使用済みのものを他の人が使うと、思わぬ病気になったり、瞳を傷付けてしまうこともあるの。

だから、未使用品のプレゼント程度にとどめておこうね。

 

カラコンを使って目が痛くなるのをどうにかしたい!

 


使い方に気を配ろうね。
今、販売されているカラコンのほとんどは、使い心地にも配慮して作られているから、違和感などを感じるような不良品は出回っていないの。
だけど、やっぱり痛い時は痛いよね。


その原因は、まず、自分の目に合わないレンズをつけていること。
DIAやBCなどが、自分に合っていないサイズだと、どうしても違和感を感じたり、痛みを感じてしまうよ。

小さいレンズで試したり、きちんと眼科でBCを確認して、あっているものを使おうね。


そしてもう一つの理由が、レンズの劣化
レンズは長時間、長期間つけていると、きちんとケアをしていても、どうしても劣化してきてしまうの。
使用期限は、あくまでも「最長」で、100%その期間使い続けられるものではないんだ。
だから、つけていて痛いと感じたり、重たく感じた時、それなりに使ったあとだったら、期限ぎりぎりじゃなくとも、思い切って捨てることも大切だよ。

このように、使い方を気をつければ、目の負担は格段に減って、快適なカラコンおしゃれを楽しめちゃうこと、間違いなし!

 

 

ラブコン カラコン
TOPへ戻る